顔脱毛 脱毛サロン

顔脱毛では失敗しないために気をつける点があります

顔って絶対にダメージを受けたくない部分ですよね。脱毛をするときに場合によっては火傷や肌荒れをしてしまうことがあるので、脱毛エステは慎重に選ぶ必要があります。

 

特に重要なのが次の3つです。

・肌へのダメージが少ないけど脱毛効果が高い
・回数が最低でも6回程度ある
・脱毛後の肌ケアをしっかりしてくれる

 

その他にも気をつけておいたほうがいいのが、脱毛の範囲。脱毛サロンによって顔脱毛の範囲が違います。だからあなたが脱毛したい範囲がしっかり含まれているのか確認しておきましょう。

 

おすすめの顔脱毛サロン

ディオーネ

顔脱毛といったらディオーネと言うくらい、顔脱毛には優れている脱毛サロンです。

 

全く痛くなく、お肌へのダメージがない脱毛方式を利用しているので敏感肌やニキビ肌、アトピー肌の人でも脱毛できてしまうほど安全な脱毛サロンです。また特性ジェルには美肌に良い成分がたっぷり含まれているので、アフターケアも安心

 

さらに脱毛範囲はまぶたと唇以外の顔全体となっているので、顔のほぼ全ての部分を脱毛することができます

 

他の脱毛エステでは2-3ヶ月に1回しか通えないのですが、ここは3-4週間に1回通えるので早く脱毛したい場合にも優れています。

 

価格 店舗数 評価

体験 3240円
6回 38880円

48店舗 顔脱毛,脱毛サロン

銀座カラー

銀座カラーは全身脱毛を月額制で受けれる人気の脱毛サロンです。

 

あまり知られていないですが、顔脱毛も実はかなりお得で6回23400円は他と比較しても安いです。

 

ディオーネと比べると少し痛いですが、アフターケアがしっかりしているのでお肌へのダメージが少なくなっています。脱毛範囲は鼻下を除く顔全体なので大抵のところは脱毛できます。

 

価格 店舗数 評価

6回 23400円

29店舗

顔脱毛,脱毛サロン

ミュゼプラチナム

ミュゼは脱毛サロンでは人気No1です。スタッフの教育が行き届いているので、通っていて嫌な思いをすることが殆ど無いと評判です。

 

ワキ脱毛やVライン脱毛は人気ですが、顔脱毛は少し割高になっています。ただ、店舗数も多いですし、非常に通いやすいです。

 

顔脱毛の範囲は「鼻下」と「あご」で6回36000円です。

 

肌へのダメージの少なさやアフターケアはやっぱり人気No1だけあってしっかりしています。

 

鼻下とあごの脱毛を考えているなら通いやすいミュゼも候補になります。

 

価格 店舗数 評価

6回36000円

170店舗以上 顔脱毛,脱毛サロン

顔脱毛の前に化粧は落とすの?

顔脱毛を行う場合、お化粧や日焼け止めを塗られている場合は必ずクレンジングで落とすのが鉄則です。化粧の成分で光脱毛で受けたダメージを倍増させてしまうこともありますし、何より効果を半減させてしまうことになります。

 

「すっぴんで外なんか歩けない!」という方は、サロンでメイクを落すと良いですよ^^シャワー室が付いているサロンさんもありますし、ほとんどのサロンさんでメイク室は完備されています。クレンジング類も無料で提供されていますので、しっかりお化粧してサロンへ出向いても大丈夫。中にはコスメを貸出ししてくれる所だってあるんですよ。

 

ですが、化粧品貸出しサービスを行っているサロンさんはほんの一握り。多くの場合、メイクルームのみの完備でメイク一式は自分で用意しなければなりません。基本的に施術後は肌が敏感になっています。メイクの前にしっかり保湿を行い、入念に下地を作るようにしてくださいね。十分な保湿を心がけてさえいれば、施術後すぐにメイクを行っても問題はありません。

 

中には「すっぴんでも大丈夫♪」と日焼け止めも塗らずに本当のすっぴんで来店する方もいらっしゃるようですが、こちらはこちらでNGです。

 

顔脱毛中の最大の敵は「紫外線」。脱毛前後に日の光をたくさん浴びてしまうとダメージを受けやすくなり、シミや乾燥肌の原因にもなってしまうのです。「すっぴんでも大丈夫!」という人は、日焼け止めは必ず塗ってから出かけるようにしてください。もちろん施術後も日焼け止めを塗って帰宅してくださいね!

 

施術の前に必ずお化粧は落とさなければなりません。「だったらすっぴんで十分!」という人は、すっぴんはお肌に負担がかかりますので肌を保護する下地や日焼け止めは必ず持参することを心がけてくださいね。

顔の産毛って脱毛してもいいの?

私たちが「ここの毛、ムダ!要らないのに〜!」と思っていても、体にとっては大切な役割を果たしていることがあります。

 

一番要らないように思えるワキ毛は体温調節機能がありますし、毛が濃い部分は弱い部分を守ろうとしている証拠。私は腰痛持ちなので、腰の部分だけ産毛が濃いです。

 

もちろん顔の産毛も同じ!肌は常に外気と触れ合っており、降り注ぐ紫外線や直射日光を浴びやすく、ダメージを受けやすい部分でもあります。日焼けや紫外線、ほこりや乾燥など…。これらのダメージ要因から守るために産毛が存在します。「産毛があると化粧ノリが悪くて〜」なんて、要らない扱いをされがちですが、肌を守る大切な役割があったんです。

 

…が、しかし。最近はスキンケアコスメもとっても良いものがたくさん販売されているので、実は産毛の機能が果たされなくなってきたんです。産毛の役割は代わりに高機能なスキンケアコスメが行ってくれるので、顔の産毛は正真正銘ただのムダ毛に…。

 

本当なら肌を守るためには残しておきたい産毛ですが、機能を果たさなくなったのであれば話は別です。化粧ノリが悪くなるだけでなく、顔色もくすんで見られがちに。顔の産毛を剃るだけでもファンデーションの付きが良くなって、顔色もワントーン明るくなります。スキンケアで綺麗な肌を保っているのであれば、産毛でくすみがちにみられてしまうなんて勿体ないですよね。

 

…でも、産毛をカミソリで処理し続けるとお肌が傷ついてしまい、折角の美肌が台無しになってしまうことだってあるんです。肌を傷つけずに美肌を保ちながら産毛をなくすお勧めの方法が、お馴染みの光脱毛です。

 

エステ効果でお肌もツルツルになりますし、毛穴も目立たなくなります!産毛も無くなって一石二鳥なんですよ^^

更新履歴


このページの先頭へ戻る